リハラボ

知っておくと役に立つリハビリの知識を紹介

脳の機能と栄養する血管には関係がある?

近年高齢化する日本社会の中で問題となっている「脳卒中」は脳の中の血管が破れる「脳出血」や脳の血管が詰まる「脳梗塞」などによって体に麻痺を生じさせるなど介護が必要になってしまうことが多いです。生活習慣病と深いかかわりのある脳卒中ですが、実は…

リハビリ起立及び着座の動作分析のポイント

安定した座位から起立し、歩行に移る過程で、どのように起立するかを評価することは大切です。起立の仕方、起立後の立位姿勢がその後の歩行に影響してきます。もちろん、起立自体を評価することで車椅子からの移乗動作をどのように介助したら良いかなどのヒ…

アンクルウェイトは重さが変えられるものを選ぼう!筋トレの方法と効果を伝授します

トレーニング器具のコーナーに行くと、必ず見かける器具としてアンクルウェイトがあります。アンクルウェイトは500gや1kgとあらかじめ重さが決まったものが2個1セットで売られていることが多いです。しかし、アンクルウェイトは重さが変えられるものがおすす…

「肩関節脱臼はどう治す?原因と治療法」

はじめに 関節の周りは靭帯や筋肉で覆われており、関節を構成する骨同士が一定の関係を保つように守られていますが、一定以上の外力が加わると関節面がずれて関節としての機能を維持できなくなってしまうことがあります。 これを「脱臼」と言い、肩関節では…

「坐骨神経痛を治すには?自宅でできる治療法」

はじめに 臀部から太ももの裏、ふくらはぎあたりに続くびりびりとした痛みや痺れを一般的に「坐骨神経痛」と呼びます。 整形外科などで医師に診断された方もおられれば、症状のある部位や痛みの種類からなんとなく自分で坐骨神経痛であると思っておられる方…

リハビリで安心して離床を進めるためのオススメの離床基準

「リハビリで離床したせいで状態が悪くなった」そんな経験はありませんか。実際はリハビリのせいではないことも、明確な基準を多職種で共有せずに離床していなければ、リハビリのせいにされてしまうこともあります。そこで、ぜひとも知っておきたい離床基準…

リハビリ起き上がりの動作分析のポイント

起き上がりは、寝返りと共通点の多い動作であるが座位、立位とベッドから離床し姿勢を変換していく際の最初の動作です。また、臥位と比べ姿勢保持に必要な抗重力筋の活動も活発になる姿勢です。起き上がりの運動パターンも人それぞれ多様なパターンがありま…

自宅でも実践できるバランスパッドの使い方を紹介!高齢者の転倒予防におすすめです

「転倒予防にいい道具ってないの?」という方にはバランスパッドがお薦めです。パッドの上に乗ればいいというシンプルな使い方ですので、誰でも気軽に実践できます。今回は、値段もお手頃で購入しやすい、バランスパッドの使い方について、高齢者の方が自宅…

「変形性膝関節症を予防する!ストレッチと筋トレ方法」

はじめに 膝関節は加齢に伴い多くの方が痛みを覚える部位の一つです。 中でも多いのが、歩くことを始め長年体重を支えてきたために骨やその周りの軟骨がすり減って変形してしまう「変形性膝関節症」による痛みです。 「歳だから」とあきらめている方も多いで…

リハビリ寝返りの動作分析のポイント

寝返りは、起き上がり、座位と臥位から姿勢を変換していく際の最初の動作である。寝返りの運動パターンも人それぞれ多様なパターンがあります。そのため、寝返り動作を主としてリハビリに当たるということは少ないと思います。しかし、寝返りの仕方、運動パ…